北斗星 大岸S

静狩のオーバークロスで雄たけびを上げた後、北斗星の撮影へ場所を移動。
第一候補は宇宙軒S字。だが礼文の峠道から空を見ると雲が多め。今思えば勝負しても良かったかなぁと思うのだが、安全策をとり大岸~礼文界隈のカブリツキを狙うことにした。チャンスはまたあるさ!!


めぼしい場所はいくつかあるが、大岸先のS字に構えることにした
先月行ったという連中が現場で蜂の猛攻にあったというが、蜂なんてひとつもいなかった。代わりにけっこうな数の鉄が沸いていたが…







2013.9.23
大岸S
室蘭本線:礼文ー大岸







もうちょっとしっかりS字に乗る位置で構えたかったが前述のとおり先行者がおり妥協位置。まぁ悪くはないけど…
極力人工物を構図から消そうとしたらカツくなってしまった






★おしらせ★
リンクにイーゴンの徒然 ゆりあげ(閖上)の風景…を追加しました。
一昨年の豪雪、富山県内のJRが全て止まった日、とある場所で雪だるま状態で遭遇した方です。ツイッターで奇跡の再開を果たす!!




67物語
~バケモノガタリ~







スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

カシオペア 静狩オーバークロス



満点の星空の下カーマルヨ。

この時期だとまだフリースとヒートテックさえあれば問題ないはずであったが、セットしたアラームより先に寒さで目が覚めた。暖をとるため車のエンジンをかけると、ラジオから放射冷却現象で道内各地で今秋一番の冷え込みとの声が聞こえてきた。
外に目をやると、西の空はまだ星空だが、東の空は赤みを帯び始め明けの明星が煌々と輝いている。



これは素晴らしい一日になりそうだぞ…



ベストアングルを確保するため日が昇らないうちから静狩のオーバークロスにゲバを張り、日の出を待った。
日の出時刻から10分程経ち、礼文鼻からお天道様がご来光。雲もなく空気もクリアー、何一つ遮るもののない太陽光線が徐々に道床を照らす。あとはお目当ての"カシオペア"が舞台に登場するのを待つばかりである。










2013.9.23
静狩クロス
室蘭本線:長万部ー静狩









横殴りの太陽光線が青いDD51、シルバーの客車を鮮烈に照らす。

V!!!!

こうしてようやく数年来の課題であったこの静狩クロスを卒業することができた。続いてやってくるトワイライトエクスプレス的な何か(団臨だからHMが無い…)も同構図で撮り、北斗星を撮るべく次なる撮影地へ急ぐ…








67物語
~バケモノガタリ~







テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

トワイライトEXP. 北舟岡跨線端

9月2度目の3連休は北海道へ!

今回のターゲットは廃止が噂される北海道ブルトレ。
貨物の脱線事故で一時はその運転さえ危ぶまれたがなんとか復旧。気になる天気予報は…上々!!

昼前に新千歳に降り立ち、馬鹿の一つ覚えのように北舟岡へ向かった。





2013.9.22
北舟岡
室蘭本線:北舟岡





到着してみるとドッピーカン!!空気のヌケも最高レベル!!
何度もここを訪れているが、ここまでの条件は初めてだ
今まではモヤっていたりで列車主体の構図だったが、今回は思い切ってワイドに。

トワイライトは文句なしのV!
さぁ明日の本戦はどうでしょう!!

期待を膨らませながら満点の星空の下でカーマルヨ…





67物語
~バケモノガタリ~







テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

~北のブルトレ~ トワイライトEXP.

北舟岡はとにかく晴れる。曇天でどうしようも無い天気でも来てみる価値はある。
実際に地元の方の話でもこの伊達市界隈は日照時間が道内一長く、雪が溶けるのも一番早いという。この比較的温暖な気候から"北の湘南"というらしい(笑)


この日も朝の曇天はどこへやら。例によって快晴といっても差し支えない青空が広がった。





2013.6.2 トワイライトエクスプレス
北舟岡
室蘭本線:北舟岡




トワイライトの客車の色は薄雲一枚でもかかると色が良く出ない。
しかし願いが通じたのか薄雲も消え露出MAXの中、ダークグリーンの客車が渋く輝いた。

北舟岡マジックは健在!



67物語
~バケモノガタリ~



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

~北のブルトレ~ 北斗星

E6系の甲種でにぎわう中、私は好天予報に釣られ急遽渡道。
ネタモノは二度と来ないと言うが、定期列車の未履修アングルにだってあと何度チャレンジできるかわからない。未履修アングルを残したまま消えていった被写体が今まで幾つあっただろうか?そんな後悔はしたくない…

Boys be ambitious

あのアングルやこのアングル…リベンジに燃えていた





2013.6.3
北舟岡ー稀府
室蘭本線:北舟岡ー稀府




ところがどっこい土曜の上りトワイ&カシは昼間あれだけ晴れていたのにみるみるうちに雲が湧き敗北。
さらに、17時発表の天気予報を見ると明日日曜の天気が下方修正されているではないか。予定では電化区間から北斗星を追っかけるプランだったがこれでは勝負にさえならないと判断、長万部あたりで様子を見ることにした。
予報は的中、目が覚めるとカメラを構える気すら起きないどうしようもない曇天。トワイライトは「見る鉄」し、北斗星は室蘭方面に走りながら可能性を探すことにした。
豊浦あたりまではどうしようもない天気だったが、洞爺を過ぎたあたりからなんとなく明るくなり始め、伊達紋別界隈に至ると晴れ間が見え始めた!
本来はトワイライト&カシオペアの撮影地で光線に多少何があるが北舟岡~稀府の畑先で構えることにした。カメラをセットしているうちにあれよあれよと天候が回復、露出計はMAX露出を示している。面トップと言われればそれまでだが、何とか晴れカットを収められた。



67物語
~バケモノガタリ~








テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
プロフィール

ひろてつ!

Author:ひろてつ!
当ブログ『ひろてつ!』へようこそ。


富山から全国へ!


使用機材は
ボディ
EOS 5D
レンズ
EF35mm F2.0
EF50mm F1.4
EF85mm F1.8
EF70-200mm F2.8L
EF300mm F2.8L
EF500mm F4L IS
エクステンダー EF1.4×
三脚
スリックプロ4・ハスキー4段

ブログはデジカメですが、中判…バケペンもやってます。写真はこちらでご覧いただけます。
http://67story.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: