スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関戸界隈 "あいづライナー"


夕方の3号。

多くの鉄チャンが線路に寄って構えている中で我々邪道はサイドから狙ってみることにした。





2015.1.24
関戸
磐越西線:関戸ー川桁






なかなかどうして。
低くなった太陽が会津の厳しい気候の生んだ自然の造形、雪紋を浮かび上がらせる。











67物語
~バケモノガタリ~



















スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

昭和電工専用線跡からの"あいづライナー"


あいづライナー

普通に変換してみると"会い辛いなー"と出る。私にとって冬のあいづライナーは"会い辛い"被写体であったのは間違いない。




2015.1.24
レゲエ
広田ー東長原




特にここのアングルは春夏秋冬問わず朝方湧き出てくる霧のせいで背景の会津盆地がスッキリ出たことはこれまで皆無であった。

直前になり太陽周辺に雲が沸きドキドキさせられたが、なんとか持ち堪えてくれた。そして何かと話題のタイフォンは「閉」。やっとここで満足のいくカットが撮れたぜ!











67物語
~バケモノガタリ~



















テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

親鼻鉄橋を反対側から


この週末は毎日曇天続きの北陸の天気に嫌気がさして、久々に青空を拝みにほぼ間違いなく晴れるだろう関東平野へやってきた。ところがどっこい、初っ端の吾妻カッターはドボン、積雪が期待できそうだった上越線も下のほうは思ったほどの積雪ではない。

困ったな…

たしか数年前も同じようなパターンが有った。その時はどこへ行ったっけ。





2015.1.12
親鼻橋梁
秩父鉄道:上長瀞ー親鼻





そうだ、秩父鉄道だ。

背景は冬枯れだが、逆側から影を撮るなら冬枯れもヘッタクレも無いだろう。鉄チャンがそこそこ集まってきて、おお、秩父鉄道も注目される被写体になったのか!と関心していたら、SLが去った後は一人ぼっちになってしまった。

16時を回り確か、そろそろだったはず…と耳を澄ませば定尺レールを踏む音。
間もなく桧舞台に現れたのは冬限定でダブルパンタを上げる電機。偶然だが、ちょうど太陽が貨車とツライチになりキラキラと輝いた。











67物語
~バケモノガタリ~



















テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
プロフィール

ひろてつ!

Author:ひろてつ!
当ブログ『ひろてつ!』へようこそ。


富山から全国へ!


使用機材は
ボディ
EOS 5D
レンズ
EF35mm F2.0
EF50mm F1.4
EF85mm F1.8
EF70-200mm F2.8L
EF300mm F2.8L
EF500mm F4L IS
エクステンダー EF1.4×
三脚
スリックプロ4・ハスキー4段

ブログはデジカメですが、中判…バケペンもやってます。写真はこちらでご覧いただけます。
http://67story.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。